青山国際教育学院ロゴ

English
簡体中文
繁體中文
한국어
Việt
ภาษาไทย
Indonesia

日本語センターTOP

青山国際教育学院 日本語センター 学生インタビュー
  2015年度  | 2013年度  | 2012年度  | 2011年度  | 2010年度  | 

学生の声 2010年度

神様からの授業

まず、皆さんが今ここにいることは、とても素晴らしいと思います!
先週の金曜日(3月11日)、経験したことのない大きな大地震が起こりました。それで、学校の最後の一週間の授業も止まりました。

でも私は、この最後の一週間は、神様からの授業だと思います。
この地震を通して、命の大切さ、人と人とお互いの思いやり、いろいろなことを感じて、すごく勉強になりました。
これは掛け替えのない勉強だと思います。一生忘れません。

これから、卒業する人も、学校に残る人も、勉強し続けます。
毎日の出来事は、全て授業ですから。どこにいても、どんなときでも、なんでも勉強になれます。
日本に来て本当によかったと思います。ありがたいです。

こんな大変な時に、素晴らしい先生たちはあたたかい卒業式を準備してくれて、ありがとうございました!

みなさん、これからも一緒に頑張りましょう!
そして、日本を応援しましょう~!

ライン

別れは新しい出逢いの始まり

 初めて学校に来た時のことをまだ覚えていますか。どんな気持ちでしたか。わくわくしながら留学生活の始まりを待つ楽しみでしたか。あるいはちょっとぼろぼろな学校を見た瞬間の驚きでしたか。私はなれない場所で、その上クラスを決めるテストもあるので、とても緊張しました。ですから、その日のことをあまり覚えていません。そしていろいろな手続きをしなければならなくて、ばたばたした最初の一週間が経って、授業も始まりました。あっという間のことですが、日本に来て間もなく一年になります。

ここにいる時間はきっと私の宝物になるだろうと時々そう思っています。ここで学んだのは日本語という見えるものだけではなく、違う国のクラスメイトとの交流を通して得た文化の違いや、一緒にイベントをして築いた絆とか、そういう見えないものもたくさんありますから。ここにいる時間が今日卒業する先輩達にとっては私と同じように宝物になるでしょうか。

「逢うは別れの始め」ということわざがあって、悲しいながら今日はまさにその別れになります。別れは悲しませることですが、おめでたいことにもなります。なぜなら、別れは新しい出逢いの始まりにもなれますから。今日卒業する先輩達の中に、ここを卒業して母国に帰って就職する人もいるし、日本にいて勉強しつづける人もいます。どんな道を選んでも新たな出逢いが必ずあります。ですから、後ろを振り向かないで勇気と希望を持って前に進んでください。この先、多分困難がいくつかあるかと思いますが、その時ここのことを思い出してみてください。窓の前で座っていてずっと私達を見守ってくれたかっこいい校長先生や、時には親であり時には友達である優しい先生達や、一緒に勉強したりふざけたりした仲間達は、みんなあなたの味方ですから。

 卒業とはいえ、これからもう他人になるわけではありません。機会があれば、絶対ここに立ち寄って顔を出してください。先生達も多分皆さんとの話し合うことを待っています。最後になりますが、卒業おめでとうございます。

▲TOP

ライン

日本語は難しいけれど、夢に向かってチャレンジ!

日本に留学できて本当に良かったと思います。平日は学校に通って、週末は韓国人や台湾人の友達と色々なところへ遊びに行って楽しいです。先生の皆さんも親切です。家族と初めて離れて、時々寂しかったりしましたがやっと慣れました。皆さんは日本語についてどう思いますか? 私にとってはとても難しいです。日本語の文法はタイ語とは全然違うし、漢字も使わないし大変ですが、面白いのでチャレンジしたいと思っています。私は夢を追いかけるために日本へ来ました。大きな夢を叶えるためにこれからも一生懸命頑張ります。皆さんも応援してくださいね!

ライン

きっかけは日本のゲーム。今ではRPGゲームも理解できます!

子供の頃からずっと日本のゲームに夢中になっていました。ゲームの内容は全部日本語でしたが、楽しくやっていました。でも自分はいつか日本語を勉強して、ゲームの内容を理解するようになりたいと思っていました。これが日本語を勉強するきっかけです。日本語はまだ下手ですが、学校で勉強した6ケ月間でRPGゲームの内容が分かるようになりました。本当にうれしいです。RPGは単語や話し方の勉強になるし、速読や聴解の練習にもなります。日本語の勉強におすすめですよ!

▲TOP

ライン

我が家のような学校と、母のような先生に感謝

日本に来たのが昨日のように感じられますが、もう3年という時間が過ぎました。今思えば、知らないことばかりで不安だった私にとって学校は我が家のような空間でした。慣れない海外生活で淋しかった私には、先生は母のような存在でした。優しい先生の笑顔に何度も助けて頂き、自分が勉強したい大学を見つけることもできました。今の私が存在するのは素敵な先生がいらっしゃったからだと思っております。本当に心から感謝しております。これからもたくさんの学生が勇気と元気もらい、自分の目標に向かって頑張れるといいなと思います。私もかっこいい先輩になれるようにもっと頑張りたいです。

ライン

ファッションの街・表参道が大好き!

僕は日本のファッションが大好きです。学校は外苑前と表参道と原宿の間にあります。とてもおしゃれでいい街です。表参道から原宿までのケヤキ通りには、センスのある人がいっぱいいます! 日本の方が香港より色々なファッションがあって面白いです。
僕は香港から来ましたが、香港人はほとんどの人が英語を話せるんです。 でも日本語を話せるのは10人いたら1人か2人くらい。だから日本語を話せることは私にとってすごく誇りになります。

▲TOP